株式会社びーふるトップページへ 株式会社びーふるの事業内容 株式会社びーふるの会社概要 お取引の流れ 株式会社びーふるへの地図 株式会社びーふるへのお問い合わせ
びーふるの会社概要
びーふるの事業一覧
> 現物品⇒データ⇒図面⇒改良品 が可能なリバースエンジニアリング
株式会社びーふる事業内容
株式会社びーふる事業概要
只今お知らせはありません
株式会社びーふる事業概要
びーふるの事業一覧
びーふるの事業一覧
びーふるの事業一覧
従来の製造手順とは逆に、製品そのものをスキャンしてデータをコンピュータに取込み、

形状・構造・仕組み・性能・欠陥などを調べ上げて新製品開発に取り入れる技術が

リバースエンジニアリングです。

製品の先行イメージとして作られたクレイモデルや、既に現物がある製品の形状データを測定し、

それを元にCADデータを作成。金型製作などにリバースエンジニアリングが応用できます。
びーふるの事業一覧
> STL⇒IGES(3次元のCADデータ)へのデータ変換
びーふるの事業一覧
びーふるの事業一覧
びーふるの事業一覧
立体物(3D)を作成するために3DCGを使い、STLデータを作成することが増えています。ところが製造・加工の現場は、3DCADで
作ったIGESデータがまだ主流。そこで、STLからIGESへのデータ変換のニーズが急速に高まってきました。
従来は「データ変換が可能!」と言いつつも、実際には様々な制限や条件が付いています。
「STLからIGESへのデータ変換」と呼んでいたものは、
そのままの変換とは違い、あくまでも点群データ処理による近似データ変換です。
また作業工程に時間が掛かるなど、より緻密さを求められる
立体物(3D)の製造・加工業界では、なかなか満足を得られない状態が続いていたのです。
びーふるの事業一覧
びーふるでは高度な技術により、STL⇒IGESへのデータ変換を実現。

従来よりもデータが軽い、加工業者が扱いやすい、高品質であるのが特長です。

より満足度が高くより完璧に近い形でSTL→IGESのデータ変換でご要望にお応えします。
※3DCGで制作したデータを3DCAD (加工可能データ)に変換いたします。※変換元のデータはOBJやSTL形式の3DCGデータ。IGES・STEP・X_T等のCADで操作可能なデータに変換を行います。納品データの拡張子はご相談ください。※インターネット経由による納品も可能です。納品形態もご相談ください。